バンルの進捗日誌

電気科の大学生 勉強したことのメモみたいなものです

ラズパイの電源LEDを点滅させる

ラズパイ、CPUが動いてるかにかかわらず電源が供給されてる時はいつも赤色のLEDが点灯してます。
そのままだとCPUが動いてるかどうかわからないので動いてるにもかかわらず電源を切ってしまうことがあります。

そこでCPUが動いてる間は点滅させようと思います。

sudo vim /boot/config.txt

としてテキストに

dtparam=pwr_led_trigger=heartbeat

を書き込みます。
その後再起動します。

参考サイト

Raspberry-Pi 3 の電源ランプを点滅させる | CGBeginner

ラズパイでgmailの自動送信

pythongmailを自動送信するコードを作りました。

smtplibとMIMETextで簡単に作れます。
メール内容やgmailのアカウント情報はコードの書きたくなかったのでmail.txtとpass.txtのファイルを別に作って読み込ませるようにしました。

pythonでなにか作るのが初めてだったのでいいチュートリアルでした。
(本当は元日に終わらせたかったけど思ったより時間がかかってしまった。)

send gmail automatically

このコードとcronを組み合わせて自動送信します。

banrutech.hatenablog.com

Gistがあるとわざわざgithubにあげなくてもコードを公開できるので便利です。

参考サイト

Gmail - pythonで自動メール送信したい|teratail

Raspberry Pi メール送信をしてみる | Gatamix web

githubにpushするときにusernameとpasswordを省略する方法

httpsでcloneした場合、pushするときに毎回usernameとpasswordを聞かれます、めんどい

ただ~/.netrcを以下のようにすると省略できます

machine github.com  
login "username"  
password "password"  

"username"と"password"は自分のgithubのusernameとpasswordを入れてください

参考サイト

GitHubでユーザ名・パスワード省略(push, pull) - Qiita

cronの使い方

あけおめです。

UNIXには決まった時間にコマンドを叩いてくれるcronというものがあります。
設定はcrontab -eで開けます
設定項目は
分 時 日 月 曜日 コマンド
です。
分:0-59
時:0-23
日:1-31
月:1-12
曜日:0-7(日=0,7 月=1 火=2 水=3 木=4 金=5 土=6)

また、-(ハイフン)で範囲を,(カンマ)で複数を*で任意を設定できます

具体的に毎週月曜日の12時から15時まで30分ずつ~/Documentsにあるmain.pyを動かしてもらいましょう

0,30 12-15 * * 1 python3 ~/Documents/main.py  

と設定します

最後にcronを動かします

sudo /etc/init.d/cron start  

これで自動でコマンドを叩いてくれます

参考サイト

Raspberry Pi | cronを使って定期的に写真撮影&メール送信 – たぷん日記

初心者向けcronの使い方 - Qiita

ディスプレイ無しでラズパイする方法

晦日ですね
sshが有効になってるラズパイはディスプレイ無しでも動かすことができます。

ubuntuならターミナルでssh pi@raspberrypi.localと打てばPCからssh接続できます。

参考サイト

ディスプレイなしでRaspberry piを操作する方法 - shangtian’s blog

windowsでもできるんですね

ubuntuのマウスパッドを逆にする(ナチュラルスクロール)

ubuntuのマウスパッドでの2本指スクロールが逆でした。
設定のマウスとタッチパッドからナチュラルスクリーンをチェックします。
f:id:banrutech:20181230232022p:plain

gitでコンフリクトしたときの対応方法(vimを使用)

こんにちは。人間コンフリクトするものです。

コンフリクトした時の対処方法(大まかな流れ)
vim [conflict file]  
git add .  
git commit -m "fixed conflict"

addを忘れないようにしましょう よくわすれるので

コンフリクトを解消するために使えるvimコマンド

カーソルにある1行を切り取る
->消したい行にカーソルを合わせてdd

ddで切り取った行をペースト
->P カーソルの上の行へペースト
->p カーソルの下の行へペースト

n行目からm行目まで削除
->n行目にカーソルを置いてmmと押し、カーソルをm行目までに移動させてd'm

参考サイト

コンフリクト発生!焦らず利用する4つのコマンド #git - Qiita

vim 簡単ガイド - Qiita